食品サンプル作り @郡上

懸賞 2008年 09月 16日 懸賞

郡上八幡といえば!
そう、食品サンプルの街ですねー。
昔から一度でいいから作ってみたかった、あの憧れの食品サンプルを
製作体験してきました!!!やったー!!!

さて、食品サンプルの製作体験させてくれるお店はけっこうあるんですが、
どれもこれも『エビの天ぷら』とかなんですよね。
いや、天ぷら作ってみたいけど、持ち運べないからみんなに見せれないし(;一_一)
作った時はうれしいけど、部屋に天ぷらがあっても、正直困る。。。

ということで、今回チョイスしたのは『ミニお好み焼き』ができる教室です。
この教室、実は前回のブログに書いた『美山鍾乳洞』の横?敷地内?にあるんです。
美山鍾乳洞を選んだのはこの教室があるから!だったんですねー。
d0144558_1239293.jpg

教室内は広々としててキレイ。出来たばかりらしいです。
夏休みや紅葉のシーズンは予約でいっぱいになるそうですが、
今回は私たちと1家族だけ。ゆっくり作れそうです。

ミニお好み焼きの材料です。
キャベツの千切りや紅ショウガや鰹節や(全部サンプルだけど)。。。本物つくるみたい!!
なぜホットプレートが?と聞いてみたら、
これらの材料は全部ビニール樹脂で、熱を加えて固めるから、だそうです。
d0144558_12403444.jpg

まず生地にキャベツやネギを入れて混ぜて
d0144558_12424935.jpg

焼いて固めて
d0144558_12431515.jpg

ソースぬって玉子落とした風に乗せて青のりとか乗せて
d0144558_12452456.jpg

できたーーーーー!!!
d0144558_12454979.jpg

ビニール樹脂は硬くて、ソースを絞りだしたりするのに力がいりました。
また、鰹節やキャベツを立体的に置くのも手間がかかったかも。
大人なので、そういうディティールにはこだわりたいので
ピンセット片手に、あーでもない、こーでもない、と作りこみました。

ここの教室の先生にお話を伺うと、
サンプル製作体験は蝋で作る、昔ながらの天ぷらやレタスが多い、と。
それは何故かというと、時間もかからないからだ、と。
でも実際、サンプルの主流は今やビニールだ、と。
あと、蝋のサンプルは劣化が早いのと、持ち運べないのが難点だ、と。

そうそう、それよー☆
その点、このお好み焼きストラップだったらコンパクトで持ち運べるし♪
みんなに自慢できる♪
しかも、ビニール製だからツヤツヤしてて美味しそう☆

昔からの夢がかなって、大変に満足なサンプル体験でした☆
あと、街で見かけたおもしろいサンプル。
d0144558_1253531.jpg

[PR]

by iwa-chang | 2008-09-16 12:33 | おもしろ

<< コールド・ストーン・クリーマリ...   美山鍾乳洞 @郡上 >>